「こんにちは。 くるぶしです。」
行政書士開業は、世間で言われるように本当に儲からないのか?極々平凡な私ですが、その壁に挑戦!開業準備から開業後の仕事まで、正直に綴っていきたいと思います。
原行政書士法務事務所

くるぶし

原行政書士法務事務所

アクセスランキング

[FC2 起業/独立 部門ランキング]
37位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士にならなければ気にも留めない。
こんにちは。 くるぶしです。

昨晩、サッカー日本代表の試合を見ました。
結果は…

久しぶりに全部観戦したのに運が悪いです。
ストレスが溜まります。

やっぱりサッカーは子供たちの試合を観戦するのが一番です。

まあこっちもストレスは溜まるんですけどね…^^;



パパの観戦は子供の方がストレスかも…。と思われた方、
最近、そんな雰囲気を感じます…^^;
↓ ポチッとおねがいします。↓
東北の子どもの学びと遊びを支援する | プロジェクト結(ゆい) にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



今日は良く働きました。

人間、気持ちが大切ですね。
前向きに「やるぞ!」と切り替えたら不安だった部分も
どんどん進み、新しいお仕事のお話も入ります。


登録免許税について今日覚えたこと。


測量業者登録をやっているのですが、
登録免許税は9万円です。

収入印紙を買えばいいんですね。

そう思っていたんですが
「台紙には収入印紙を張らないでください。」
って書いてありました。


どうしたらいいんでしょう…


税務署に納入し、領収書を張り付けるそうです。
しかし「地方整備局等に対応する管轄税務署」ということで
極端に少ないです。関東では浦和税務署。


郵便局でもできるそうです。
どこでもってわけじゃないですけど。


・・・こんなこと分かって、「へ~勉強になった!」
行政書士にならなければ絶対に思っていませんでしたね。

知りたいとも思わなかったと思います。

それ以前に登録免許税って何?
そんなレベルだったかと…。


まあ今でも印紙?証紙?定額小為替?

普通に使っているくせに、
その意味もロクに分かっていませんけどね~^^;



切手も分かってないな…。と思われた方、
その位はなんとか…^^;
↓ ポチッとおねがいします。↓
東北の子どもの学びと遊びを支援する | プロジェクト結(ゆい) にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
スポンサーサイト
コメント

こんばんは。
登録免許税の納付は納付書さえあれば日本銀行代理店(銀行・郵便局)ならどこでも納付できます。
問題は納付書ですが...
これは税務署ごとに番号がありますので当該税務署に納付書をもらわなければなりません。
ところがこれまたどこの税務署でも「〇〇税務署の登録免許税の納付書をください」というと作成してくれます。
あとですね...
納付書の控(領収書)は申請書類に添付してしまいますので必ずコピーを取っておくこと~
提出した書類は公文書ですから二度と戻ってきません。
コピーは忘れずに~
応援のポチッ!
[2013/03/27 21:26] URL | 税理士ふくやま #- [ 編集 ]


定額為替
これって不思議?
ボッタクリと思うな~

応援チャチャチャ!
[2013/03/28 07:46] URL | コスモ #- [ 編集 ]


税理士ふくやまさん、こんにちは。

この手続きを調べるために、お役所、郵便局に電話し、
1時間くらいかかりました。^^;

領収書ですね。気を付けます!
国税のプロからのご指導、感謝しております。e-466
[2013/03/28 07:54] URL | くるぶし #ulujXjxo [ 編集 ]


コスモさん、こんにちは。

確かに。
発行手数料っておかしいですよね。
使用期限があるっていうのも気になります。

交換できることを知らなかったら、
使わずに泣き寝入り…なんてこともあるかもしれませんよね~。
[2013/03/28 07:57] URL | くるぶし #ulujXjxo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hgyo.blog119.fc2.com/tb.php/823-afa93dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。