「こんにちは。 くるぶしです。」
行政書士開業は、世間で言われるように本当に儲からないのか?極々平凡な私ですが、その壁に挑戦!開業準備から開業後の仕事まで、正直に綴っていきたいと思います。
原行政書士法務事務所

くるぶし

原行政書士法務事務所

アクセスランキング

[FC2 起業/独立 部門ランキング]
22位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申請取次行政書士ってなんですか?
こんにちは。 くるぶしです。

以前、送られてきていた研修の申込書の話です。
難しい名前の業務に 「?」 と思ったのです。

申請取次行政書士ってなんですか?

キミには関係ない話だよ!と思われた方、
↓ポチッとおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



研修の対象者として、次のように書かれていました。

入国・在留資格審査関係の申請取次を新規に行うことを希望する行政書士。

なんとなく分かります。私は今のところ取扱業務とする予定はありませんが、英語が話せるものがそばにいるので(WEB関係でもお世話になっている妻です・・・)開業後、落ち着いたら少し勉強してみようかとも考えていました。

でもなんだかこの申請取次行政書士っていう呼び方が気になりました。何か特別なんですか?

調べてみたところ、入国・在留資格審査関係の申請を本人に代わって代行申請することができる資格とのことです。普通の行政書士でも申請書類の作成はできますが、申請人本人が窓口に出頭しなければなりません。

申請取次行政書士に依頼すれば、本人が窓口へ出頭することが免除されるそうです。
平成2年からの制度だそうです。

そうなると普通の行政書士が「入国・在留資格審査関係の業務をやります!」と言うよりも、断然
「私は申請取次行政書士です。入国・在留資格審査関係の業務をやります!」と言えた方が強いに決まってますよね。やるんなら取らなきゃいけない資格とも言えるんじゃないでしょうか?

じゃあどうやったら取れるんですか?

「入国管理業務に関する研修を受け試験に合格し、申請取次申出書により申請して法務大臣から認可を受ける。」

試験ですか・・・形式だけの簡単なやつならともかく、なんだか最近、すごく難しくなったとかどうだとかと書士会で聞いたような聞かないような・・・。

結論。とりあえず「保留」。それもかなり引き出しの奥にしまい込む「保留」

無駄な時間のような気もしましたが、1つ知識が増えただけヨシ!ということにして下さい・・・。


しかしいつも「妻」だのみだね・・・。と思われた方、
↓ポチッとおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント

こんにちは、麦です。
くるぶしさん、私のブログにご訪問頂きありがとうございました。
またリンクの件も併せてお礼申し上げます。
こちらもリンクを貼らせて頂きました。

ただひとつお詫びいたします。
前回くるぶしさんのお名前を間違えてしまいました。
誠に申し訳ございませんでした。
お詫び申します。
[2010/09/17 11:05] URL | 麦 #- [ 編集 ]


麦さん、こんにちは。

ぜんぜんかまいませんよ。
どうぞよろしくおねがいします。
[2010/09/17 15:57] URL | くるぶし #ulujXjxo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hgyo.blog119.fc2.com/tb.php/62-f81c45bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。