「こんにちは。 くるぶしです。」
行政書士開業は、世間で言われるように本当に儲からないのか?極々平凡な私ですが、その壁に挑戦!開業準備から開業後の仕事まで、正直に綴っていきたいと思います。
原行政書士法務事務所

くるぶし

原行政書士法務事務所

アクセスランキング

[FC2 起業/独立 部門ランキング]
48位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商号は何にする?
こんにちは。 くるぶしです。

先週の金曜日に、
自分の会社の登記申請をしました。

普段はお客さんの会社。
でも今回は自分の会社。

そこから感じたことをしばらく書いてみようと思います。
今回は「 商号編 」 です。



まさか「株式会社くるぶし」だったり?と思われた方、
そ、そんなわけ…ないようなあるような… ^^;
↓ ポチッとおねがいします。↓
東北の子どもの学びと遊びを支援する | プロジェクト結(ゆい) にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



最初からビシッと決まっていれば問題ありません。
しかし曖昧だったり、全く決まっていない場合ちょっと大変。

これって物凄く悩みます。

以前のお客さんのことを思い出してみると…


「どんな商号がいいんでしょうか?」

「(株)○○って変ですか?」

「全然思いつきません。」

「先生、決めてください…」



お客さんからのそんなお声は結構多かったです。
(一番下は一度しかありませんが。^^; )


逆にビシッと決まっている方で、
かなり奇抜な商号を掲げる方もいらっしゃいました。

でも堂々と発表されると、
「そ、そうか。ありかもしれない…」

そう思えてしまうから不思議です。

いいえ、そもそも類似商号等の問題が無ければ、
どんな商号でもいいわけです。

ありとか、なしとかの判断は存在しません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の会社の商号。

大げさに言えば自分の子供に
名前を付けるような気分にもなりました。

多くのお客さんがそんなふうに
頭を悩ませているんですね。


そういった意味では
どのお客さんの会社の商号も全て素敵です!

堂々と世に送り出しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウチの商号も…

堂々と…

いや、やっぱりちょっと恥ずかしい… ^^;



登記してもらえなかったりして…。と思われた方、
そんなこと言われるとちょっと不安… ^^;
↓ ポチッとおねがいします。↓
東北の子どもの学びと遊びを支援する | プロジェクト結(ゆい) にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。