「こんにちは。 くるぶしです。」
行政書士開業は、世間で言われるように本当に儲からないのか?極々平凡な私ですが、その壁に挑戦!開業準備から開業後の仕事まで、正直に綴っていきたいと思います。
原行政書士法務事務所

くるぶし

原行政書士法務事務所

アクセスランキング

[FC2 起業/独立 部門ランキング]
38位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンチャッテ年中無休
こんにちは。 くるぶしです。

塵も積もれば…とはよく言いますが、実際に積もるのか?
でも気になることは、小さなことでも慎重にやっていきたい。

小心者の私は、いつも小さな小さなことが気になってしまいます。
今回気になったのは営業時間電話の受付時間です。
どう表示するのが一番良いんでしょうか?


年中無休が一番では?と思われた方、
↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



自宅開業で、事務所にいないときは転送電話となるので
実際には「年中無休」も可能です。

でもこれはちょっと責任が持てないかと…。
事務所のホームページには、トップページに
「月曜日~土曜日、9:00~20:00」と記載していました。

しかし今回、これをやめることにしました。

理由は単純です。自宅開業なので、夜遅くの電話も取れます。
日曜日だって家にいればもちろん、遊びに出かけていても転送電話で対応できます。

だったら、この営業時間の記載はもったいないと思ったのです。

「年中無休」は、きついんです。夜中は難しいですし、休みの日四六時中、
携帯電話やメモ等を身につけていられるかも疑問です。

何も記載がなかった場合、お客さんはどう考えるでしょう?私の読みは、
「22:00過ぎてるけど、どうかな?一応掛けてみるか。」
「日曜日だけどやってるのかな?一応掛けてみるか。」
となり、応答がない場合、まあ常識的に許していただけるのではないかと…。

甘い考えかもしれませんが、これで年間にしたら数件の差が出てしまうかもしれない!
そんなわけで私の事務所は、今日から「ナンチャッテ年中無休」です。
どうぞよろしく。


年中無休の開店休業には気を付けて…。と心配してくださる方、
↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hgyo.blog119.fc2.com/tb.php/159-fb5f12f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。